最近のスマホのカメラ機能がすごいですね

新機種が販売されるたびに何万画素などと競っていますからね。

各社「画素数」ですごいとか思わせていますが「画素数」がいくら多くても画質はよくなりません!

「一眼と同じ1600万画素!です!」とか言われても騙されてはいけません。

それすごくありませんから!

画質に影響を与えるのは「レンズ」と「センサーサイズ」が重要になってきます。

大きさに限度があるスマホがカメラになり切れない理由でもあるんです。あの薄さであの画質はすごいとは思いますけど・・・

スマホもSNSなどにupする画像にする程度ならいいかもしれませんが、数年前のハイスペックコンデジと比べても画質に圧倒的な差がでてしまいます。

だた安い低スペックのコンデジだとスマホとの違いがあまり感じられず持ち歩く意味があまりなくなってきているとは思います。

スポンサーリンク

スマホはスマホ

明るい中で撮ると違いが感じにくいですが、多くの場面で「カメラ」があればもっときれいに撮れたのになぁ と思う事が多いです。

特に明かりが少ない場所ではなかなかうまくスマホでは撮れません。夜の屋外ではほとんど真っ暗になってしまいますよね。

スマホのメリット

機能的にはコンデジに完敗のスマホですが一つだけカメラに勝っているとすれば携帯性です。

携帯電話ですから当たり前ですが・・常に持ち歩いているというのもメリットですね。

撮りたい時にサッとだして

 

 カシャ!

って撮れますからね。

・・・・・あの撮影音デカすぎで、かなりのデメリットです!

場所によっては恥ずかしかったり周囲への配慮で撮れませんよね。

アプリに消音のがあるのでそれを使ってもいいですが完全には消えません

 

コンパクトデジカメがやはり欲しい

携帯性以外のメリットがあまりないのでやはりスマホは緊急用とかで、これからブログを運営していこうと思っている私はコンデジを持ち歩くことにしました。

数年前の機種ですがまだ何とか使えているので「好きな被写体」とかが分かるまではこれでいこうと思います。

今後買い替える時、持ち歩くのにはこのサイズが鞄に入り交換レンズもなく便利なので大きいサイズのものにはいかない可能性が高いです。

ニコンから1インチサイズの機種「DL」が3機種でるので候補としてチェックしていますが発売前でレビュー記事が今のところないので様子見状態です。

発売後は値段も高いので半年から1年くらいで、レビューなどを見てから値段が下がってきたら購入しようかなと・・・セコイなぁ

 

スポンサーリンク