一眼レフ・・昔から山に登ったり田舎の方へバイクで出かけたりして自然の中をみるのが好きでした。それでも写真は決まって「写ルンです」オンリー!

富士山に登っても「写ルンです」ハワイに行っても「写ルンです」

いや、カメラ=写ルンです だったんです!

当時はパソコンすらもっていなくデジカメとか自分には無縁だと思っていました。

一眼レフカメラにしてもフィルム時代はコストかかりすぎるのでとてもじゃないが買えませんでしたね。

一眼レフが5万以下

良い時代になりましたね。エントリーモデルとはいえ5万円で一眼レフのレンズキットが買えてしまいます。

ただ

レンズが絶対いろいろ欲しくなってしまうと思います。

今の時代、いろんなカメラブログがありますのでそんなブログで「ものすごく綺麗な写真」を見てしまったら

その人のカメラは何か?レンズは何か?と調べて(たいていは書いてくれていますね)自分もそのレンズで・・・と次々にレンズが欲しくなってしまうという恐ろしいカメラの沼が待っているとの情報を入手しました!

このレンズ沼がヤバイ

もう、私は絶対にはまる可能性が高い沼なのです。

1本十数万とかしますからね・・ そうなるとエントリー機ではものたりなくなっちゃいますよね?

多分 こうなってしまうの図

一眼 エントリー機 安いじゃん 購入⇒ 5万

単焦点レンズがいいらしい   購入 ⇒ 1.5万

レンズ変えると凄い!

広い景色が撮りたい 広角レンズ購入⇒ 4万

望遠がたりないな  望遠ズーム ⇒ 3万

エントリー機ってなんか嫌だな

中級機購入   13万

明るいレンズがいいな 10万

広角も明るくなくちゃ 12万

最新機種の方がよさそう  15万

フルサイズがいいな    20万

フルサイズ用のレンズ買わなきゃ 50万

あああああああ  ちょっとまずいよ 

多分なるよ 何となくそんな気がするから一眼には手を出しちゃいけないんです(私はね)

余裕があればいいんだけど、ないからね!

 

やっぱり 高級コンデジがいいかもしれない

いろいろなカメラブログを見てみたが皆さんたくさんのレンズを購入されていてビックリします。

しかも数十万のとか!

私にはそんなの無理なので「高級コンデジ」にしぼって調べていこうと思います。

レンズ交換がない⇒ レンズ沼 回避!

上級機が欲しくなる⇒ 上級機がほとんどない 購入回避!

ソニーにRX関しては数年前の機種もまだまだ現役で販売してます

最初こそエントリーの一眼より高くなりそうですが、レンズ沼とカメラ沼を考えると一眼を買うより100万円以上安く済ませることができます!(私的)

ミラーレス機はレンズをつけると一眼と持運びする時あまり変わらないのと交換レンズが結局欲しくなってしまうので、欲の沼回避のため回避します。